ホームセキュリティ・防犯対策・防犯カメラについてご紹介しています

 さよなら、泥棒さん

ライン

 泥棒に好れる家 

泥棒は、光や音を嫌います。入りやすく逃げやすい家は格好の標的です。被害に遭うのを避けるためには、泥棒の心理を知っておかなくてはなりません。泥棒が恐れるのは、もちろん「捕まること」です。侵入に時間がかかる家や、周囲の注意をひきやすい家は、泥棒にとってリスクが高いので敬遠する傾向があります。

 狙われやすい家(一戸建て編)

植栽が生い茂り、見通しが悪い 背の高い植栽が生い茂っていると、泥棒の隠れ場所になります。植える位置、量、高さに配慮しましょう。

敷地を囲む塀やフェンスが高い 乗り越えにくいように高くすると、死角が多くなります。低めの塀や格子状のフェンスなど、見通しのよいものを泥棒は嫌がります。

ベランダの囲いの見通しが悪い 人の目線は上に向きにくいので、見通しの悪い囲いは、内側でしゃがめば外から気づかれにくくなり、泥棒の隠れ場所になります。ベランダの囲いは、格子状のものにしましょう。

隣家との間や、家の裏側が死角になっている 死角になりがちな、家の側面や裏側には、センサーライトや監視カメラを設置してアピールしましょう。歩くと大きな音がする「防犯砂利」も効果的です。

門灯が使われていない 日中は死角にならない場所でも、夜間は暗がりが見えにくい場所をつくります。門灯を常夜灯として使いましょう。

 狙われやすい家(マンション編)

1階、2階、最上階 低層階は侵入が容易です。通行人の視線が働きにくい上層階も、狙われやすい場所のひとつです。また、最上階は、高所得者層が多いことも無関係ではないでしょう。また、屋上からベランダなどに降り、下がり蜘蛛という侵入方法もあります。

隣近所の住人の顔を知らない オートロックは、住人にまぎれて簡単に侵入できるため、過信は禁物です。また、共用部への人の出入りが多いと、鍵を開けようとしているのが隣人なのか泥棒なのか区別できず、犯行を見逃しがちです。

見通しが悪い 玄関付近が外から見えにくい構造や、窓やベランダ側に目隠しがある場合は、犯行が人目につきにくいので注意が必要です。

 泥棒は「留守がちな家」が大好き 

侵入者は「下見」が大好きです!この時、念入りに家人の生活形態を調べ上げます。「留守がち」な家が狙われるのも、この下見の際に目を付けられるからです。では、侵入者はどういった所で「留守がち」と悟るのでしょうか?

部屋・玄関の明かり

部屋の明かりは、家人が家に居なければつけませんので、明かりの付いていない時間帯は「留守」という事になります。一人暮らしや共稼ぎの家などは、家に戻ってくる時間がある程度決まってしまうで、空き巣等には好都合です。タイマー式の部屋用ライトや、たまには部屋の電気をつけっぱなしで外出される事も必要です。また、玄関のライトも同様ですので、暗くなると点灯するようなライトに変えるのもいいでしょう。

カーテン

昼にカーテンをきっちり閉めて外出すると、「今出かけてます」と知らせていると同じ事です。ちょっと外出するくらいなら、思い切ってレースのカーテンだけにして外出しましょう。

新聞・郵便物

新聞をためると、外出していると同じ事です。たとえ、家の中に居ても狙われる可能性があるので、必ず毎朝取るようにしましょう。また、2〜3日の旅行でも、配達営業所に連絡をして止めてもらいましょう。郵便物は、「留守」を知らせると同時に、電話番号などを調べる手段として抜き去られる場合があります。必ず毎日確認するのと同時に、電話などの公共料金の通知は、いつ頃くるのか把握しておくと、抜き去られた場合でも、すぐに分かり、対処ができます。

洗濯物

洗濯物が干しっぱなし、というのも実は、「留守」にしている事を知らせてしまいます。一人暮らしの方、共稼ぎの方は、洗濯物を干したまま出勤される事は少ないでしょうから、大丈夫だと思いますが、、いつもは昼頃取り込むものを、夜になっても干しっぱなしにしている、という場合は気をつけなければいけません。出かける予定がある時などは、予定外に遅くなる場合もあるので、部屋の中に干すか乾燥機を利用しましょう。

Copyright 2008 さよなら、泥棒さん All rights reserved.
ライン