ホームセキュリティ・防犯対策・防犯カメラについてご紹介しています

 さよなら、泥棒さん

ライン

 防犯カメラの基礎知識 

防犯対策として大きな効果が期待できる防犯カメラ。設置する場所や目的によって、その形状や機能も異なってきます。ここでは、防犯カメラの種類や用途と、防犯カメラ選びのポイントについてご紹介します。

 防犯カメラのポイント

カラー防犯カメラを選ぼう

実際に事件が起こった場合、その犯人の特徴を掴んで特定する上で「色」は非常に重要なポイントになります。どんなにしっかりと防犯カメラに映っていても、着ている服の色や乗っている車の色が不明では、特定が難しくなってしまうのです。カラー防犯カメラを使用すれば、色から犯人を特定することができます。

防犯カメラの屋外設置には細心の注意が必要

防犯カメラを野外に設置する目的として、夜間の監視も挙げられます。
その場合は暗視機能がついているものや、高感度タイプの防犯カメラを選ぶと効果的です。また、例え雨などに濡れない場所であっても、破壊防止のためにハウジングケースをかぶせるようにしましょう。

夜間の監視は「赤外線」

防犯カメラの暗視機能には、高感度によって少ない光量を補うものと、赤外線光の照射によって監視範囲を強制的に明るく映すものの2種類があります。高感度タイプの場合、どうしても画像が粗くなってしまうため、人相まではっきりと確認するのは困難です。より確実な防犯対策のためにも、赤外線照射タイプのものを選びましょう。

 防犯カメラの種類・用途

 



屋内CCDカメラ

「CCD」とは光を電気信号に変換する撮像素子を指す言葉で、これを用いることで画像が高精細で鮮明になります。
侵入者の顔を判別しやすいCCD監視カメラを、玄関、寝室、子供部屋などに設置して、生活をより安心できるものにしましょう。


 

 

屋外用防水防滴CCDカメラ

侵入経路として利用されやすい駐車場や勝手口などの防犯対策となる監視カメラです。直接雨が当たるような場所にも設置可能なため、軒下のない場所などへの設置にも最適です。野外に監視カメラを設置することで、不審者が侵入しにくい環境を作ることができます。

 

赤外線高感度カメラ

夜間や人目につきにくい暗がりは、不審者にとって侵入しやすい環境と言えます。
そのような場所に赤外線高感度カメラを設置することで、侵入の危険を事前に回避することができます。人の目では難しい暗闇の警備は、赤外線高感度カメラにお任せください。

 

 

ドームカメラ

店舗やお客様窓口なども、もしもの時に備えて防犯カメラを設置したいものです。しかし、あからさまにカメラを設置してしまっては、大切なお客様に威圧感を与えてしまいます。独特の丸い形を持つドームカメラならば、カメラの映写方向も分かりにくく、お客様が感じてしまう威圧感を減少させてくれます。


 




超小型カメラ

不審者は防犯カメラが設置されてないか確認して侵入してくるものです。不在時に誰かに侵入されてるのではないかと心配な時に、不審者から見えない部分に設置して監視する事で不審者に気づかれる事無く侵入を監視する事が出来ます。また、狭くて防犯カメラを設置する場所が無い場合にも超小型ですので、他の防犯カメラでは設置できない場所に設置して、安心した生活を手に入れましょう。

Copyright 2008 さよなら、泥棒さん All rights reserved.
ライン